中国輸入ビジネスのやり方と代行業者

Uncategorized

ネットビジネスの中でも最も結果が早いのが転売です。

基本は安く買って高く売る。

とてもシンプルな方法と言えます。

僕が最初にネットで取り組んだのがこの単純転売でした。

読書が好きで大量に家にあった本を売りたいと思ったのがきっかけです。

ネットを使う前はブックオフに持って行って売るのが当たり前でしたが、とにかく安く買い叩かれてしまうのでどうにかもう少し高く売れないかと調べAmazonに行き当りました。

人気のある本なら1000円を超える高値で売れました。

ブックオフなら確実に100円以下です。

そこからAmazonで他に売れるものはないか調べ始めました。

同じ商品を継続して安く仕入れるには中国輸入が最適

初心者でも分かりやすいように中国輸入Amazon販売の流れを以下にまとめました。

①Amazonで売れている商品をリサーチする

②タオバオで探す

③輸入代行業者に購入依頼

④Amazonに出品

⑤売れ行きを見て仕入数量を増やしていく

⑥ヤフオクやメルカリにも出品してみる

リサーチから仕入れまでの流れを動画にしましたのでご覧ください。

録画 2019 12 28 16 03 57 52中国個人輸入のやり方まとめ

初心者でも扱いやすい商品とは

中国輸入で扱いやすいカテゴリーがあります。

コスプレ衣装

サバゲー関連

パソコン周辺機器

アクセサリー

財布、革製品

これらのカテゴリーをAmazonで検索してみましょう。

その商品が中国製品であれば、タオバオ、アリババといった中国のECサイトで見つけることができます。

中国語ができる必要はあえりません。

サイトの仕組みは日本とほとんど変わりません。

 

気をつける点は、コピー商品、危険物、商標を侵害しているものなどを不用意に仕入れない事です。

中国輸入の最大のメリットは物価差

2019年12月現在の中国元の実勢レートは15.6円ほどです。

これは日本で1万円で売られている商品が中国で640円で買えるという事です。

この価格差が中国輸入の最大のメリットです。

売れ筋の見つけ方は仕入、販売を繰り返していくにつれて自然と身についていきます。

初期は3万円ほどの仕入れから始めて売上金を次の仕入れに回すことを繰り返して資金を膨らませていきます。

中国輸入Amazon販売のビジネスモデルはまだまだ稼げる分野と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました