地方移住を支援してくれる自治体制度

Uncategorized

全国の自治体の中には地元に住民を呼び込むための町おこし政策に力を入れている自治体が多数ある

地域起こし町起こしは、地方自治体の税収や産業振興にとって重要な課題です。

都会と地方の距離感は情報媒体と交通網の拡充でどんどん縮まっていきます。

大都市圏に住まなくてもほぼ何でも手に入りますし、むしろ生活環境はいい場合がほとんどです。

移住交流支援機構という一般社団法人まで存在します。

移住っていいことあるんだ!!知らないと損する全国自治体支援制度2922|田舎暮らし特集|ニッポン移住・交流ナビ JOIN - 田舎暮らしを応援します -
JOINは田舎暮らしの魅力・情報を発信し、移住・交流のニーズに応じた地域サービスを提供するシステムの普及などを行います。

全国の地方自治体が移住を呼び込むために提供している施策を紹介したり、定期的に大規模なイベントを開催しています。

環境の良い自然の中で子育てしたいなら

子供を育てる環境に理想はあるでしょうか?

シニア移住の場合、子育てはできないかもしれませんが、子供が孫を連れて帰ってきてくれる田舎に居を構えるのもいいかもしれません。

豊かな自然の中で生活するのは心と体の健康にも良いといえます。

農業や漁業、地方ならではの仕事もあり、独立支援も

鹿児島県枕崎市では新しく農業に就農する夫婦に対し、毎月20万円を2年間支援する制度があります。

鳥取県日南市では農業を始める人に800万円の助成金を支給しています。

長崎県五島では体験移住で移住は可能かどうか3か月家賃無料で体験できる制度があります。

漁業や林業、農業以外にも就業の環境が用意されている場合が多いです。

地方での生活費は安いので、農業で自給自足しつつ、在宅で自然豊かな田舎暮らしを情報発信することもできます。

ネットの充実で情報も物流も距離を超えて素早く得られる時代になった

ノマド生活とは、場所と時間を選ばずにできるビジネスの形態で、今はテレワーク、リモートワークとも言われる仕事の形です。

雇われるか、契約するか、独立して運営するかの違いはありますが、いずれも場所と時を選ばないという意味でこれからの主流になる可能性がある働き方です。

海外ノマドも若いうちはありかなと思います。

タイやシンガポール、マレーシアなどノマドワーカーにとって物価も安く、ネット環境が充実している地域はあります。

税制面でも優遇されていたりします。

 

僕のように海外移住までは今からやるのは・・・

という人にとって、日本国内でもこれだけ良い環境があるなら移住もありかなと考え始めているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました