楽しむ事こそが生きる目的

今日の元

終活なんて考えるな

60歳過ぎたらあとは余生と考える人がいます。

師匠
師匠

生涯現役と考える人にとっては人生に余りはありません。

ある程度のところで、お金に縛られる人生には終止符を打っておくべきです。

本当に必要な資金が見えてくるのがこの年代です。

師匠
師匠

普通に暮らしていける程度はお金が必要です。

それだけ準備出来たらあとは楽しむことに集中すべきです。

むしろアクティブに、家に籠るより外に出ましょう。

活動は積極的にです。

老けこむ人は自分で勝手に老けていく

欲望は大切、でも追いかけるのを辞めた途端に、必要な資金は入ってくるものです。

お金の性質は女のようなものだと昔読んだ本に書いてありました。

タイトルは忘れてしまいましたが、お金に好かれる人と嫌われる人がいるのです。

お金は間違いなく、追いかけると逃げて行き、連れなくすれば向こうからやってきます。

お金の方から、「ねえ、遊んでよ」と迫ってくると言う話です。

アグネス
アグネス

愉快に楽しく生きる人はお金に好かれます。

人生を楽しむ達人になりましょう。

俺はもう歳だなんて考えるのはやめましょう。

死ぬときは黙っていても死ぬのです。

それは神様だけが知っていることです。

自分に出来ることは、今を目いっぱい楽しむことです。



 

 

  • SmaSurf クイック検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました