アリとキリギリスはどっちも正しい

今日の元

「地道にコツコツ」と「遊んで暮らす」、どちらも大事

夏の間、毎日働いてコツコツと冬の準備をしていたアリ、キリギリスはそんなアリを馬鹿にして遊んで暮らしていました。

やがて冬になり、食べ物がなくなってキリギリスは死んでしまいます。

アリは夏の間、蓄えた食料のおかげで生き残ることができました。

有名な童話「アリとキリギリス」のお話です。

どっちが正しいかというとどっちも正しいです。

キリギリスは早く死にますが、短い人生を目一杯楽しんで生きたと言えます。

アリは堅実ですが、ほとんど働き詰めの人生です。

現代風に解釈すれば、個人の人生観の違いに過ぎないと言えます。

どちらかしか選択できないかというとそうではない

良いところを両方取り入れればいいのです。

別の言い方をすれば、両方必要だとも言えます。

師匠
師匠

楽しみ方を知ることは大切です。

むしろその為に働いているとさえ言えます。

働くことそのものに価値観を見出す場合もあります。

その場合でも働くことの中に「遊び心」を持って楽しんでいるわけです。

何が自分にとっての幸福かを考えてみるべきです。

遊びの中に実利につながる仕掛けが入っているか

何にでも興味旺盛で遊びに長けている人がいます。

遊びそのものよりも、そこに集まる人に興味をもつこともあるでしょう。

人は何を求めてここに集まってくるのか?

その中にビジネスチャンスが潜んでいる場合が多いのです。

世の中のトレンドを読むということはそういうことでもあります。

キリギリス的なアリになろう

やるときはやるのが大人です。

怠惰で逃げてばかり、遊べば遊ぶほど快楽にだけのめり込む
言い訳ばかりで行動しない
基本、人の悪口ばかり言っている

こうゆうのはキリギリス的キリギリスです。

ガチガチのアリ人間がいたら、友達にしようとは思いません。

ちょうどいいのがいいはずです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました