ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

大量解雇 早期退職時代が始まる

Uncategorized

企業の寿命がどんどん短くなっていく

企業の寿命は30年ほどというのが従来の認識でした。

しかし今後は20年前後になると言われています。

すでにその兆候は始まっていて、大企業でさえ40歳以上の世代の大量解雇に動き出しているという噂も・・・

 

高齢者の就業年数を長くするという政府の思惑とは反比例して長期安定の雇用先は減っていく傾向にあるのです。

 

転職が当たり前になったこの時代。

どのような考え方が必要でしょうか?

40代~50代は要らない

もし企業の寿命が20年になったら、新卒の社員が40代を迎える頃には次の会社に転職をするということになります。

会社の要求に見合わない人材は削減対象になります。

 

特に給料の高い世代がその対象になることは十分考えられます。

いわゆるバブル世代とも言われたりしますが

とりあえずどこかの会社には入れた時代がありました。

 

仕事のスキルは関係なく、在籍していれば給料がもらえる。

やることがなくても残業代のために時間外まで会社に残る

 

働き方改革というのはこの方式をサラリーマンから奪ってしまったようにも思われます。

残業代はある意味、織り込み済みの収入だったはずです。

 

会社員の給料が減ると、経済にも大きな影響が現れます。

飲食業やレジャー産業、主な顧客層を会社員で占めている産業はモロに打撃を受け始めています。

自分自身がどう変わっていくかが問題

大多数の人がこの社会の変化に直面するでしょう。

自分には他人事と言える人の方が少ないと言えます。

 

働き方も収入の得方も、新しい方向性を自ら生み出していく時代の始まりです。

 

この際、他人事ではなく自分の10年後を真剣に考えてみるべきです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました