ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

外に出ないでたまには家飲みする 極上の酒お取り寄せ

Uncategorized

日本人の味覚には米で作った日本酒が一番合っている

酒というとビールや焼酎、ワインなどを飲む人は多いですが

本当に酒飲みの人は清酒(日本酒)がうまいと言います。

僕もそう思います。

じっくり腰を落ち着けて家で飲むなら本当にうまい日本酒いきたいでしょ?

表舞台にはめったに出てこない名酒は日本に1万銘柄以上ある

日本酒と言って思い浮かべられる銘柄は限られていると思います。

僕は学生時代からかなりの日本酒を飲んでいる酒好きなのですが、思い浮かべられる銘柄というと

「八海山、美少年、菊正宗、大関、浦霞、田酒、美少年、高清水、越乃寒梅、峰野白梅、雪中梅、白鹿、花春、十四代、剣菱、久保田、上善如水、会津誉、開運、元文、白獄・・・」数えきれないくらいありますね。

そうとうな酒好きでも全体の100分の1も知っている人はいないと言われています。

お目にかかったことのない名酒というのはいくらでも存在するのです。

ほとんどが家族単位で代々守り続けている蔵元で生産する超希少な少数出荷の酒達です。

清酒は苦手と思っている人がびっくりするような、豊潤でまろやかな味わい、まるでワインのような銘柄も存在します。

大抵の蔵元では、通常販売用の酒以外に、鑑評会や特別な献上酒を限定醸造します。

その年にできた最上級の酒で製法も通常とは異なり、杜氏がその技の粋を尽くして醸す名酒です。

いわゆる吟醸酒と呼ばれる酒です。

そんな幻の酒は日本に1万種類以上あると言われています。

中には後継者不足から廃業寸前の蔵も多数あるのです。

その辺の酒屋には売っていない絶対お勧めの銘酒お取り寄せ可能です

絶滅危惧酒を今のうちに味わいたいなら、ぜひおすすめのサービスがあるんです。

それがコチラ・・・プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」

コメント

タイトルとURLをコピーしました