ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

メンタルの強さとは何か・・・

Uncategorized

2019年の新卒採用者が内定会社の人事からSNSでパワハラされて自殺したらしい

内定者専用のSNSで常時閲覧を義務付け、自己啓発本の感想文を強要したあげく、「なめるなよ」とかやっちゃたみたいです。

この人事担当課長はすでに「元課長」となっているので処分されたようです。

この記事を読んだとき、会社側の責任は逃れられないだろうとは思いましたが、

両親が提訴したようです。

弁護士たてて戦うようですが、企業側に勝ち目はないですね。

SNSなどの投稿証拠が残っている以上、非は会社側に求められるのではないかと考えられます。

だけど僕は、こんなことで自殺する事はないだろ?と感じました。

僕らが新卒採用で研修受けたのはもう38年も前の事ですが、入社研修は地獄でしたね。

拷問に近い事されたような記憶があります。

初日の10キロマラソンとか、延々と腕立てやらされたり、逆らうものなら直ぐに荷物まとめて帰れみたいなね。

実際帰っちゃった者も何人かいました。

同期50人くらいいましたが、8割方辞めたいって言ってました。

でも全国に配属になってみんな頑張ってましたよ。

そのシゴキというか、厳しい指導というのは学生気分から社会人になったんだぞ!という気持ちの切り替えを促す目的があったのだと思います。

埋め合わせみたいに、集合研修終了日には人事の研修担当者が謝意を込めて、みんなが配属先で頑張ってもらいたいと涙ながらに訴えて・・・

研修生みんなが涙して・・・決意を語る・・・みたいな

そんな筋書きがちゃんと用意されてました。

新人研修なんてそんなチョロいもんだったのです。

基本的には今もそれは変わらないと思います。

ただ、違うのはSNSでそれやっちゃダメだろということ。

感情が伝わらないというか、フォローができてないと思うのです。

 

だけど、自殺しちゃった内定者の男性・・・メンタル弱すぎじゃないでしょうか?

実はそこが一番の問題だと僕は思います。

はっきり言ってしまえば、こんなずさんな研修しかできないクソ会社などさっさと辞めればいいだけです。

それだけの話なんです。

誤解を覚悟で書きますが、受け入れる価値のない会社はすぐに自分から切り捨てるべきです。

但し、一番苦しいのは人生の本番なのです。

会社を辞めたところで問題は解決しません。

逃げることの最終手段が死を選ぶことでしょうか?

こけおどしのインチキ研修やる会社などに人生取られていいのでしょうか?

というか、そのくらいの試練は当たり前に何やっても襲い掛かってくるものです。

逃げるくらいなら立ち向かわなければいけないのです。

そこで必要なのが、メンタルの強さです

心のタフさ、それは現実を見抜く洞察力でもあります。

脅かして、平伏させようとする力に屈服するか?

プレッシャーに負けずに何事もなかったかのように仕事をこなせる有能さがあるか?

別に有能でなくても構いません。

屈服するふりをするという選択肢もあります。

困難もタダの嫌なことも色々あるのが人生です。

いちいちまともに抱え込んでいたら命がいくつあっても足りません。

もっと自分の人生のために生きませんか?

心の強さが大切です。

そこ年齢関係ないです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました