ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

WEBライターの仕事内容と始め方 収入は?

実践編

webライターとはネット上で文章を書く仕事です。

webライターは誰でもなれます。

作文や感想文、論文など、誰でも文章を書いた経験があるはずです。

その延長線上にあるのがwebライターです。

学生や主婦、会社員の副業で始める人も多く、パソコンさえあれば、どこでも仕事ができるので近年人気が高まっている仕事です。

ここではフリーランスのwebライターについてご紹介します。

必要なスキルと働き方

初心者なら、まずクラウドソーシングで仕事募集を調べてみましょう。

ネット上で企業とやりとりすることが出来て、100文字程度の文章を書く仕事もあります。

webライターに資格と言うものはありません。

必要なのは、物事を正確に的確に伝える力です。

また消費者のニーズをつかみ、効果的なプレゼンテーションを文章にする力です。

WEBライターに向いている人とは

まず文章を書くのが好きであること。

文章を書くのが得意な人と言うのは、今までに数多くの本を読んでいる人です。

言葉を表現する力は、どれだけ多くの言葉、文章に触れてきたかに比例します。

ただし、ただ自分の好きな文章を書くだけではライターにはなれません。

読む人の心に響く伝え方、言い替えれば強い印象を伝えられることが必要です。

人に物事を教えるのが得意なら、ライターに向いていると言えるでしょう。

WEBライターに必要なSEOライティング

SEOとは
特定のキーワードを検索したときに、Webサイトがより多く露出されるように上位表示させるための施策のことです。

普通のライターと違い、ネット上の上位に表示される検索キーワードを意識して文章に組み込む必要があるのです。

SEOの知識やテクニックは多くの書籍が出回っていますので、勉強されるといいと思います。

稼げるWEBライターになるには

フリーランスでも一般の会社員以上に稼いでいる人もいます。

それだけに、書ける文章の質が問われる仕事でもあります。

良い記事を書くには、沢山の文章を書く経験を積み上げていく事が近道です。

ぜひこの人に自社の商品紹介を書いて欲しいと思われるようになればおのずと仕事のオファーも増えていきます。

webライターの世界では1記事あたりいくらと言うように単価が決めれれている場合もあります。

実績を積むことでこの単価を上げていく交渉も可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました