ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

カメラもスマホも使わないで動画を撮影する方法

Uncategorized

動画撮影にスマホやカメラは必須ではない

 

動画を取るにはスマホやビデオカメラがなくてはできないと思い込んでいる人は多いです。

しかし、静止画の組み合わせやパソコン操作を動的にキャプチャするフリーソフトを使えば簡単にプレゼン動画が作れます。

ノウハウ系の動画を作るのに適した方法です。

 

必要なもの

ネットにつながるパソコンがあればOKです。

準備
パワーポイントでプレゼンをつくる。
外部マイクをセット
フリーの画像キャプチャソフトをダウンロード

基本的にはこれだけです。

やり方は以下の動画をご覧ください。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Youtube動画にも目的に応じたジャンルがある

日常生活の様子をビデオカメラに撮って編集したり、犬や猫の動画を作ったり芸能人がネタを公開したりとエンタメ系の動画はよくあります。

 

でもよく見ると動画ではなく静止画だけで、音声を流している画像を見かけることもあります。

ニュース系とか、ノウハウ系に多い手法です。

この場合、ナレーションの内容がコンテンツになるので必ずしも動画でなくていいのです。

 

ニュース番組のように出演者が喋っている動画もありますが、顔出ししたくない場合には静止画を流しておけば問題ありません。

 

以前はなにか調べたいことがあるとネット検索で記事を探すのが主流でした。

でも、今は動画を探すのが主流になりつつあります。

旅行を計画しているなら、目的地の観光やホテルを見ることができます。

趣味やノウハウを知りたいなら、それもほぼ動画になっています。

 

このように楽しむエンタメ系ノウハウ、情報系は目的が違うので視聴者のタイプも異なってきます。

エンタメ系では人気のアーチストや芸人が出演したり、トレンドに左右されやすいですが、ノウハウ系はトレンドというより専門性が重視されます。

 

動画はアップしてみないと何が受けるのかは分かりません。

視聴者が何を求めているかは様々な情報を動画にして挙げてみるしか方法がないのです。

とにかくたくさん作ってみることです。

 

そうすることで作成の技術も上がっていきますし、なにか一つでもヒットすれば大化けする可能性があるのです。

今回ご紹介したようにスマホやカメラが無くてもパソコン1台でコンテンツを作ることは容易にできるので挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました