ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

定年後の有り余る時間を有効に使う5つの方法

今日の元

退職後やることがないのが悩みです。

なにかしないといけないと思いますが何がいいのかわかりません。

正直、漫然と毎日を過ごしているだけです。

やることが無いのが辛いということはよくあることです。

僕も最初の頃はそうでした。とりあえず生活に困らない程度はお金があると、焦って何かをすることもせずだらだらと過ごす日々でした。

やっぱり仕事した方がいいです。働かないとボケちゃうし、収入だって必要です。

61歳になって、年金の繰り上げ受給を受けるようになり、月に9万円程度は入るようになりました。今は蓄えは運用に回しています。

独身なので生活費は月に15万円あれば問題なくやっていけます。

という事は少しゆとりある生活を送るにはプラス10万円ほどあればいい。

若い頃、二種免許は取っていたので、パートタイムでタクシー乗務員を始めたのです。

 

月の半分ほどしか働かないし、拘束時間も短い。

早朝6時から午後2時までの勤務、あとは自由です。

軸になる仕事をもっているから、余暇が生きてくるのだと思います。

この働き方で得た有り余るほどの時間をどう使うかを色々考えました。

やることがないならこれをやってみれば?

  • 平日に日帰り旅行に出かける
  • 海釣り
  • ブログの運営
  • Youtubeに動画を上げる
  • 電子書籍の執筆

平日の日帰り旅行

土日や祝日は、どこに行っても人出が多く疲弊してしまいます。

平日ならゆったりと楽しめるし、行列に並ぶこともありません。

ドライブにも行きますが、電車で出かけることも多いです。

温泉巡りや神社仏閣など、日帰りで楽しめるところは沢山あります。

行った先で写真と動画を撮ってきます。

海釣りの楽しみ

別に川でも湖でもいいのですが、自宅から30分ほどで海なので。

職場で知り合った人に弟子入りして去年から投げ釣りを始めました。

日がな海を眺めながら糸を垂れるのは、心が落ち着きます。

釣った魚を捌いて調理するのも楽しみです。

釣りもまた、動画のネタになっています。

師匠
師匠

師匠ですwww

ブログの運営

ブログは今3つ運営しています。

うち2つのブログからアフィリエイト収入が入ります。

日々の出来事、世の中の動向、趣味の話などを思いつくままに記事に書いています。

記事を書くためにネットで情報収集もします。

これをやっていると時間の経つのが早いです。

今では自分のライフワークになりつつあります。

在宅副業 安全に始められるブログ構築と具体策
50代くらいになると、気力、体力の衰えを感じ始め、身体も踏ん張りがきかなくなってきます。 60代に入るとさらに切実に、日々実感しています。 自分の老化度を確かめたいならドラクエをやってみて!! 最近ドラクエをやってみたけど、3日で...

Youtubeに動画を上げる

youtubeはまだ始めて間もないのですが、釣りや趣味の動画などを撮って編集しアップしています。

まだまだ登録者も少なく、趣味の域を出ませんが、これもまた楽しみの一つであり、今後は旅行動画も増やしていきたいと思っています。

ドローンを始めたのも、面白い映像を作りたかったのがきっかけです。

動画編集はこんなに簡単にできる 初心者にも簡単ですぐ使える方法とは
スマホで撮った動画を編集したいけどやり方が分からない 無料編集ソフトを使ったけどイマイチ思うような動画にならない 有料ソフトに興味はあるけど、高額なのは買えない そんな悩みを解決してくれる動画編集ソフトGO...

電子書籍の執筆

40代の頃、出版寸前でボツになった経験があります。

以来、自分の本を出すのが夢だったのですが、キンドルで電子書籍出版できる時代になり、お金をかけずに誰でも本が出せるようになっています。

ブログ記事の中からアクセスの多い記事をつなぎ合わせて本にするのです。

ブログそのものが電子書籍化への布石です。

今のところ1冊を出版し、今年は新たに4冊は書きたいと目標を立てています。

セルフ出版 | Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

老後やることがないという悩みに対する答えまとめ

何もしないと言う選択は、普段活発に行動している中で、ふと一息つく時間を指すと思っています。

動と静の活動とは、旅行や釣り、アウトドアで遊び、動画を撮り、家では動画編集、ブログの執筆を楽しむ事です。

それが収入にもつながるわけです。

本を出すという事は非常にやりがいのある仕事です。

自分の書いた本はずっと残っていくわけですから。

生きた証、今風に言えば、この世に爪痕を残すという大きな仕事です。

生き甲斐と楽しみとライフワークを見つけることができるのです。

副産物としてあとから収入もついてくるのです。

収入化出来ていると言う事は評価されているという事

ブログや動画から収益が出たり、電子書籍が売れたりするという事は、自分の作品が一定の評価を受けていると言うことになります。

これが、創作意欲の源泉です。

次はもっといい記事を書こう。

アクセスを伸ばすにはどうしたらいいか、創意と工夫が必要です。

 

ただ漫然と日記のようなものを書いていてもいつしか飽きてしまい、やめていく。

そうではなくて、ちゃんと収益化に向き合う事が大切だと考えています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました