ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

60歳過ぎて自分の世界が広がる方法

今日の元

61歳で英会話を始めた理由

一言で言えば、ゆとりが出来たという事です。

時間的にも金銭的にもある程度、ゆったり過ごせるレベルになりました。

お金持ちになったのではなく、生活の無駄を見直し、スリム化して出ていくお金を減らしたのです。

同時に年金の繰り上げ受給をして、働いて得る収入にプラスしました。

これにより余剰の資金が生まれて、投資に回す事もできるようになりました。

少しだけゆとりが出来た時、生活を楽しむ趣味に興味が行くようになりました。

今は海での釣りが最大の趣味になっています。

若いころから身に着けたいと思っていた英会話を本格的にやってみようと思ったのも最近の事です。

60過ぎて独学は無理

1人には限界があります。

個人差があるとは思いますが、僕の場合、対面講義で生で教わるのがベストだと思いました。

思い立ったその日に近所のスクールに連絡していました。

こういう決断は早い方です。

勿論、英語に打ち込めるだけのゆとりが出来たことが大きいのですが。

いくつかスクール選びの条件を考えました。

  • シニアクラスがある
  • 講師はネイティブの外国人
  • 宣伝や広告に熱心な大手は避ける
  • 個人レッスンからグループレッスンへの移行がしやすい
  • 料金がリーズナブル

 

アグネス
アグネス

シニアでも受け入れてくれるところでないとついていけなくなります。

日本人講師だと甘えが入りがちですし、本物の発音はネイティブのアメリカ人がいいのです。

 

 

僕の担当講師は30代後半の男性ですが、先生という感じではなく友達みたいな人です。

教えてやると言う態度で来られると、おじさん世代はムカッとしますし、素直になれないと思います。

 

その点、アメリカ人講師は実に親しみやすくフレンドリーなので、直ぐに打ち解けられました。

英会話は信頼関係が大事

言葉自体がコミュニケーションなのですから、会話に没入できる環境が必要なのです。

大手のホームページも見ましたが、概ね高い。

広告宣伝に高額なお金をかけるということは、利益追求ですから、オプションが高くついたりします。

強引な勧誘や売り込みは御免です。

選んだのは小さいスクールですが、人気も高く、生徒も多いスクールです。

最初は個人レッスンがおススメ

マンツーマンは最初はドキドキしますが、雑音が入らないので1時間に集中できます。

3か月、12回ほど通い、耳を英語に慣らすにはマンツーマンがいいのです。

多少、お高めでもそこをケチっても仕方ありません。

後から進みやすくなると思います。

その場で質問できるのもいいところです。

英語に慣れてきたら少人数のグループレッスンに切り替えます。

切り替えが自由にできるのも条件です。

料金ですが僕の場合、個人レッスンで月2万円ほど、グループレッスンになると月8千円ほどです。

高いとみるか、安いとみるかは見解しだいです。

ただ、独学の限界もありますし、ネットやスマホアプリなどで覚えるのは僕には到底できないと思います。

1年後にしっかり喋れるようになっているか

英語ができるようになってから先が大切なわけです。

お金を払ってスクールに入ると言うのは、ある意味逃げ場を無くして、やり切ってしまうのに必須な環境です。

アメリカに行って1年間生活しなければいけなくなったら、嫌でも英語でしゃべらないといけないし、聞き取るのも必死さが違うでしょう。

日本に居て会話を身に着けるには、それなりの投資は必要です。

そしてそのお金は無駄にはなりません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました