ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

60歳過ぎたら労働収入には限界があるので投資を取り入れる

今日の元

働けるうちは働くのが正解

現在62歳ですが、週4日(実働7時間)で働きに出ています。

従来から働いてきた会社で継続雇用という形になります。

収入は減りましたが、労働時間が圧倒的に少ないので体は楽です。

幸い健康に問題はないので、70歳までは働くつもりです。

年金を繰り上げ受給しているので、給与と合わせればそこそこの収入になります。

ですから、無理なく生活できます。

早期リタイヤにあこがれている人も多いと思いますが、働くことというのは、お金だけの問題ではありません。

生き甲斐、充実感、生活のメリハリが必要

  • 煩わしい人間関係や、労働の過酷さ
  • もし十分な貯えや収入があったら、早く会社は辞めたいというのが本音?

しかし、実際に早期リタイヤしてしまったら、どうなるでしょう?

人間、働く喜びというものがあるのは間違いありません。

働いているからこそ、余暇の時間が楽しめるようになるのです。

リタイヤ適齢期は存在しない

生涯現役もありです。

そんなに働きたくない

でも、働くに値する仕事を持っているという事は幸せです。

遊んで暮らすというのは、実はそんなに幸せでもないのです。

時間を持て余すようになり、アルバイトでもしようと働き始める人もいます。

何かしていないと間が持たない、居場所がないという場合だってあります。

だから、働けるうちは完全リタイヤせず、労働時間を減らすことから始めるのをおススメします。

将来の経済的不安は、お金に働いてもらうことで解決

現役でいるうちに、収入の1部を投資に回しておくことは大切です。

そんなゆとりはないという人もいるかもしれません。

しかし、一定額を積み立てするのはそれほど難しくはありません。

例え月に1万円でもいいのです。

5年、10年後には、そこそこの金額になるでしょう。

僕自身、いろいろ工夫して、月に6万円を投資に回しています。

このくらいの金額で増やしていくと、あっという間に資産は膨らんでいきます。

現在はアメリカの上場株に投資していますが、このところの米国の好景気でかなりの利益がでています。

大切なのは長期に渡って、一定額を積み上げていくという事です。

一攫千金はないと思います。

結果的には費やした時間が味方になってくれるのです。

70歳まで、労働時間を減らしつつ、働きながら、投資を続ければいいのです。

仮に60歳定年後から始めたとしても相当大きな金額になっていますし、利回りや配当で収入を得ることが可能です。

労働収入から投資家へ、時間をかけてシフトしていきます。

体力的にも労働には限界がありますが、今からコツコツ積み上げていけばいいのです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました