ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

余力を残すことが大切な理由

今日の元

仕事だけに全てのエネルギーを使ってしまうとどうなる?

  • 結婚していれば、家庭を顧みなくなる
  • 独身だと生活が荒れる

余裕が無いから他の事に向ける力がなくなるからです。

50代を迎えた頃の事ですが、仕事が忙しい事を口実にして、他の事を適当にしていたら、ある日ぱたりと倒れていました。

仕事となれば無理ができます。

むしろその頃は、プライベートに面倒な事が多くて、仕事に逃げていた傾向がありました。

仕事をしているうちは、嫌な事を忘れられる。

でも、知らず知らずのうちに身体に無理が溜っていきます。

家の事をしないとそのツケが貯まっていきます。

家族との会話もそうです。

独身の場合、ゴミ屋敷になります。

夜昼逆転の仕事をしていた頃、目が覚める頃には、ゴミ収集車が行ってしまった後で、ゴミを出せなくなる。

恐ろしい事に、それがどんどん溜まり出し、やがてどうでも良くなっていくのです。

そうなればゴミ屋敷まっしぐらです。

生活はどんどん荒んでいきます。

生きていくにはメインじゃない事もこなさなくてはならない

そして、メインじゃない事をやるにもエネルギーが必要だという事。

メインの仕事もそこそこにして余力を残しておかないと、自らの健康さえおろそかになりかねないのです。

僕の場合もそうでしたが、体調を崩してハタと考えたのです。

掃除も洗濯も炊事も、仕事を続けていくために必要な大切な作業だから、ちゃんとやろう。

健康管理もそうです。

休養を取らなければ、疲労は蓄積していきます。

大抵の場合、倒れて気が付くことが多いです。

でもそれじゃ遅いのです。

60歳目前で、そろそろ仕事メインじゃない生活に変えたいなと思い始めました。

ローンが終わったり、両親が他界したりして、少し負担が減って来たので、

自分の事だけ面倒見れればいい身分になったのです。

おひとり様生活を豊かにするにはどうしたらいいか

若いころは、無駄なものを買っては荷物が増えるのが常でした。

昨年、引っ越しをした時、マンションに残された両親の荷物を整理して、ついでに断捨離をやりました。

完全に片づけるのにかなりの日数を竟やしましたが、要らないモノはほぼほぼ、捨てました。

身軽になって新居に越してきました。

今はとにかく荷物を増やさないように心がけています。

荷物が少ないと、それだけで片付けをしなくて済みます。

生活で出るゴミは毎日分別し、こまめに廃棄しています。

シンクに洗い物を貯めることはありません。

すぐに綺麗にしますし、洗濯もちゃんとやります。

部屋の換気も、布団干しも全部ひとりでやります。

独身の男でもそのくらいは出来ます。

秘訣は、仕事をメインにしない事。

最低限に仕事を減らして、趣味や道楽に使う時間を増やしつつ、余力を生活のために使っているのです。

面倒だけど、始めてしまえばパパっとこなせてしまえます。

むしろ、そうして部屋をゴミだらけにしない、綺麗に維持しておくことの方が精神的に落ち着くし気持ちがいいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました