ライバルと戦わずニッチな特化ブログで稼ぐノウハウ公開中!
スポンサーリンク

何歳からでも英語は話せるようになる

今日の元

リミッターとは

自分には出来るわけないと思い込む事です。

どうせやったって無理な事だと、制限をかけている状態です。

リミッターをかけるのは、リスクを避ける為でもあります。

だから必要な事でもあるのです。

でも、本気の自分が必要な場面は、必ず訪れます。

ああ、それが今なんだなと思う瞬間が来ます。

その時がリミッターを外す時です。

リミッターを外すとどうなるか

人間は本来持っている能力の数パーセントしか使わないで死んでいくと言われています。

本当は出来るのに、自分で制限をかけているのでその力を発揮できません。

そうだとしたら、どれほどのチカラがあるのか、試してみたいと思いませんか?

例えばですが、英語が全くできないけど、ペラペラになるにはどうするか。

まず、出来っこないというリミッターを外してしまえばいい。

恐らく、出来るだろうなとは、心の中では思っているのでしょうが、

現実的にはめんどくさいとか、忙しいとか、適当に理由をつけてやろうとしないのです。

何でもかんでも万事その調子だから、言っちゃあなんですが、いつもろくな状況を作り出せないわけです。

僕もそうですけどwww

リミッター外したらどのくらいの事が叶うんだろうと思うなら、人生のあるタイミングで一度や二度くらい、試してみてはどうでしょうか?

そうすれば、英語など立ちどころのうちにマスターしてしまうと思うんですが?

四六時中、何年も何年もというのじゃ、苦しくてしょうがないけど。

人世で2回くらいならやってみると面白いかもしれません。

というか、間違いなく凄く面白いです。

やらないで死んじゃうのは、すごく、もったいないと思います。

英語習得なんかそういう意味では、かなりハードル低いと言えます。

何に対して、潜在能力を発揮するか

言い換えると、いつ本気出すのかと言うことです。

一生本気出さずに終わる人の方が多いのですが、それはあまりにもったいなさすぎます。

本当の自分の力を出し切るつもりでやってみる。

それが、自分の生き方、目標を見出すカギとなります。

なんもしなくても、時間はどんどん過ぎていきます。

60年なんかあっという間です。

そして何もできないまま死んでしまうのです。

このことを思うと、出来るのならやってみたい、やり遂げたいという意思がふつふつと湧き出てきます。

私の場合、英語をマスターする事で、やりたいことをするためのスキルを身に着けたいのです。

アグネス
アグネス

外国人と話していると、文化の違い、考え方のベースが、日本人とは全く違う事が実感できます。

まさにグローバルな世界です。

世界が広がる事、間違いありません。

可能性の幅を大きく広げる手段なのです。

英語習得などは、年齢に関係なく、誰でもできるので、70代でも80過ぎても、学ぶ人は多いです。

そして、そういう方々はどんどん話せるようになります。

本気の価値が分かっているから。

始めるのに遅すぎるなんて言う事はまったくないのです。

但し一定期間、リミッターを外して、全力で学ぶ必要はありますが。

その価値は十分にアリですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました