都心を離れ、地方に人が移動し始めている

Uncategorized

不動産バブルが起きている

都内の高級マンションの話ではありません。

千葉、埼玉、神奈川など、都心から2時間も離れた地域に家を求める人が増えているのです。

リモートワークで業務が成り立つことが分かってきて、業種にもよりますが毎日の通勤が要らなくなりつつあります。

会社に行くのは週1日か月1~2回 ならば引っ越しちゃおう

本社の社屋は売却し、維持コストをカットする。

それでも十分やっていけると言う検証がされたのです。

社員にとってもメリットは大きいです。

都内に住めば1LDKでも家賃は軽く12万以上はします。

倍の広さで千葉、埼玉、神奈川の西側の方なら家賃は半額です。

自然にも恵まれ、子育てにもいい環境がそこにあります。

もうすこし広げれば、関東6県から、山梨、長野、東北にまで選択の幅は広がります。

そうなれば、冬はスキーなどが楽しめたり、温泉があったりもします。

庭付き一戸建てもかなり低価格で借りることができる

実際、こういった生活面のメリットを考えて、都内から地方に移動が始まっているのです。

千葉、埼玉、神奈川などで、不動産事業が大盛況だそうです。

まだ始まったばかりの変化ですが、この流れは今後さらに進むと予想されます。

とは言え、都市部に近い事のメリットは依然としてあります。

やはり日本の文化の中心ですから、完全に離れるより、いつでも行ける距離のほうが便利です。

だから、千葉、埼玉、神奈川あたりが人気となっているのです。

この地域であれば、欲しいものはほぼ揃っていますし、東京へのアクセスも便利です。

いずれ海外渡航も復活していけば、羽田や成田への便も有利になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました