定年後の賢い働き方 生き甲斐の見つけ方

今日の元

定年後の5年間でその後の人生は豊かになる

定年後の働き方次第でその後の人生は変わります。

ガンガン働いて稼ぎなさいと言っているわけではありません。

まだ若いとは言え、体力の低下、気力の衰えを感じる時期です。

生き甲斐の見つけ方

そのためには自由に使える時間を作らなければなりません。

朝から晩まで週5日働いて、くたくたになってしまっては他に何もできなくなってしまいます。

趣味、生き甲斐を作っておくことは、生きていく上で重要です。

65歳まで働いて気が付いたら、もう何もやる気力も体力も残されていないという事も考えられるのです。

遊び方、趣味の楽しみ方を学ぶ

60歳時点での資産は人によって様々です。

数千万円も持っている人もあれば、逆にローンの残債でマイナスの人もいます。

ローンがあっても購入した物件が残っていれば、頑張って返せばいいですが、借金があって、何も持っていない場合もあるでしょう。

あるのはタダひたすら働いて返すだけ。

そういう人は少なくないかもしれません。

それでも、60歳から平均で20年以上の人生が残されています。

そこで、これから先の人生を今より楽しく、豊かにする戦略を立てる必要性が出てきます。

負債の大きな人は、現在の収入、毎月の支出、貯蓄や投資に回せる余剰資金の捻出を考えましょう。
それほど深刻な負債を抱えていなくても、お金は想像以上にどんどん減っていくものです。

野放図に使っていれば、お金はすぐになくなっていきます。

どうやって資産を減らさずに、継続的な収入を生み出せるか、資産の棚卸をする時期です。

ただ働いて生活を維持するだけというのは日本人的なパターンとも言えます。

投資というお金の教育を受けていないからです。

ギャンブルのような投棄ではなく、生涯に渡る、自己資金を生み続ける仕組み作りと捉えるべきです。

人生において、お金は必要ですが、一つの側面に過ぎません。

お金で買えない幸せもあります。

生き甲斐は多くの場合、お金だけでは手に入りません。

自分が好きな事、生き甲斐、ライフワークを手に入れることです。

すでにそういう生き方を持っている人以外は、あらためて生き甲斐の創出について考えてみる重要な時期、それが定年の頃だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました